開運することが、病気の改善・健康に繋がることも!?パワーストーンブレスレットの神秘の力とは。

パワーストーン開運の開運.net

「開運」へと導くヒント集

誰だって、開運したい!
そう思っている方々も多いと思います。

開運法はパワーストーンをつけるなど色々あって、賛否両論も激しいと思いますが、
ちょっと変わった「開運法」のススメが
かかれているサイトさんがあったので、ちょっと抜粋してみます。
→ http://www.k2.dion.ne.jp/~ka-tu/index3.htm

<抜粋開始>

「正常性バイアス」とは、非常事態に直面しても自分だけは大丈夫という心理が働くことを言います。
例えば、どんなに暴飲暴食・不摂生な生活をしていても、自分だけは病気にかからないと思い込んでしまう心理状態のことです。

「自分だけは大丈夫‥」大小はありますが多くの方が持っている感覚ではないでしょうか。

失敗の原因を手繰って行くと、常日頃の利己的な行動の「ツケ」に突き当たる事があります。
例えば、病気になったのは暴飲暴食・不摂生な生活をしていたことが原因であって、けっして、その時の健康運が悪いからではありません。医者から病気を宣告されたとき、まず初めに「なんで自分が‥自分だけは病気にかからない自信があったのに‥‥」と思うそうです。このような人は、病気にかからないようにするには日ごろの生活習慣が大切である事に気付いていません。病気なったのは利己的な行動のツケだとは考えずに、運勢が悪いからだと思ってしまうのです。

何か悪い事が起こったとき、「運が悪かった」と便利な言葉で片付けてしまったら、そこから何も得ることはできません。運勢の所為にすれば病気が良くなるわけでもありません。運勢が悪い、名前が悪い、生年月日が悪い、手相が悪い‥‥自分以外のところに犯人を探しても現実がどうなるわけでもありません。
今が良いのも悪いのも、すべては自分が蒔いた種です。因果応報という言葉が示す通り、何事にも原因があって結果があります。そうなった原因を着きとめないことには開運の糸口は見つかりません。現状を変えるためには、失敗した原因を見つけ出し有効な対策を立てなくてはなりません。

・病気になった → 今までの生活習慣が悪かったのかもしれない → 生活習慣を改める。
・事業が上手く行かない → 社会のニーズに合っていないことが原因なのかもしれない → 旧来の方法を見直し、社会のニーズを洗いなおす
・結婚できない → 相手に結婚しようと決断させるだけの魅力が自分に無いのかもしれない → 魅力のある人間になるよう自己啓発に励む

常日頃から、このようなことを心がけていれば、どんな運勢が巡ってきても平穏な人生を歩む事ができます。大崩はしません。これを自然とやってのける人は、傍から見ると「運が良い人」に見えます。ですが、本人からすれば運がどうのではなく、自らが正しい方向に努力しているに過ぎません。すなわち、これが開運への近道なのです。

どんな人にも「長所」と「短所」があります。
状況が変われば、短所は長所に切り替わります。
物事は考え方一つで、「薔薇色」にも「悪夢」にもなります。
行き詰まった時こそ、発想の転換ができるチャンスです。
失敗した時こそ、新しい物の見方ができるチャンスです。

開運をキーワードにネットを検索してみると、神社へお参り、吉方位、トイレ掃除、印鑑、風水、金運の良くなる財布、壷(ツボ)、パワーストーンアクセサリー、護符、お守り、先祖のお墓参りなど様々なものが見つかりますが、効果のほどはよくわかりません。
みなさんが一番知りたいのは「開運の方法はあるのか?」ということだと思いますが、著者の知る限り、そんな便利で都合の良いおまじないは聞いた事がありません。簡単な方法で運勢が良くなり、人生ウハウハになれるなら誰も苦労しません。
現状を変えるためには、正攻法で攻める以外に道はありません。地道な努力あるのみです。

<抜粋終わり>

パワーストーンは開運への近道?

家族に黙って高いお金だして幸運のパワーストーンブレスレット、
その他色んなグッズを買ったりして、
それで楽して開運の機会を得ようとしても来るわけ無く、
全てはその目標に向けて自分が努力したら、
自ずと結果それについて行き、開運出来るんですね。
開運したけりゃ、自分磨きが欠かせないということなのですかね。

パワーストーンは特に運気アップの効果があると言われているから、家族で色違いのパワーストーンブレスレットを身につけているな。
ブレスレットにすると子供が無くさないのがいいところ。
それに、失敗しているときは必ずしも最悪な状況でもなくて、
そこから生まれるものもあると。
それは反省点だったり、教訓だったり、新たなアイデアとか・・。
その逆境をクリアしていける様に、前向きに生きていきたいとは思うのですが・・。

ふーっ、自分も頑張ってみようかね^^

パワーストーンについて、もっと詳しく知りたい!と言う方は、パワーストーンのページをご覧下さい。

おすすめWEBサイト 5選

2014/10/10 更新