占いや相から「開運」のアドバイスをもらおう!

パワーストーン開運の開運.net

「開運」を見通す「占い」について。

開運を願う私たちが、将来の運気が開いていくのかどうかを知りたい・気になる場合に、
それを知る方法に「占い」という行為があります。

占いを鑑定する人の事を、私たちは「占い師」または「占い鑑定師」、「易者」などと呼んでいます。
また、場合によっては「手相家」、「気学家」、「人相家」などとも呼ばれるケースもあります。
私たちからは先生と呼ぶことが多いですね。

また「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と昔から言われているように、
占いは他の業界と違って、必ずしも当たらなくても良いとして、それが通用する面もあることから、
取りっぱぐれのない職種という意味で、占いを裏(外れ)が無いという意味で「裏無い」と軽蔑の意味を込めて書く人たちもいます。

しかしこれらは占いのごくごく一面にすぎません。 日本だけでなく全世界的に信じられ、時には実用されてきた占星術や、それに関係するパワーストーンの存在がそのことを証明しています。 占いという括りでなく、1つ1つをじっくりと見て、自分にあった、信用できるものを探すのがいいでしょう。 パワーストーン占いなどは海外のほうが研究が進んでいるようですね。

命(めい)

命(めい)」とは、運命、宿命などを占うものであり、誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の要素も加えることによって、その人の生来の性質、傾向、人生の流れなどを占うものです。推命(すいめい)とも呼ばれることがあります。開運占いとしてメジャーな物も多いようです。

  • 四柱推命(子平推命|八字)
  • 紫微斗数
  • 星座占い
  • 占星術
  • 西洋占星術(ホロスコープ)
  • 数秘術
  • 九星気学
  • 算命学
  • 0学占い
  • 六星占術
  • 動物占い
  • 血液型占い
  • 誕生日占い

卜(ぼく)

卜(ぼく)とは、「人同士」が関わりあう事柄(事件)を占うものです。何かを決断するときなどに使う事が多いとされます。危険などを回避して開運するというわけです。
時間、事象、方位など基本にして占います。
占う事象を占いをする時期、出た内容と併せて観る事になります。
わかりやすい例として、 一輪の花を手にとって花びらを一枚一枚摘んで「好き・嫌い」を判断する恋愛占いや、えんぴつを転がして行う「えんぴつ野球」(ヒットの代わりに吉としたら…)などもその一種であると考えられます。
ちなみに卜の文字は、亀甲占いの割れ目を意味する象形文字を原形としています。
また、占の文字も同じ系列に属しています。

  • 周易
  • 断易(五行易、鬼谷易)
  • 六爻占術
  • 梅花心易
  • 銭占(コイン占い)
  • 六壬神課
  • 奇門遁甲
  • 太乙神数
  • ルーン占い
  • タロット占い
  • ジプシー占い
  • ダイス占術
  • 水晶占い
  • ホラリー占星術
  • ダウジング
  • 御神籤(おみくじ)
  • 阿弥陀籤(あみだくじ)
  • 辻占い(辻占、つじうら)
  • 花びら占い
  • えんぴつ占い

とは、目に見える対象の姿や形を観て、
今現在の、人への影響や吉凶などをみる占いです。事前に出来事をしり開運するわけです。
印相が悪いといって、あなたにとって必要性の薄い高額な印鑑を売りつけたり、
家相が悪いといって改築を勧めたり、墓相が悪いといって高額な墓石を押し売りするといった、許しがたい悪徳商法などが存在します。
視覚心理学である程度合理的な説明ができるものもあり、その全てを非科学的と否定しきれない状態にあります。

  • 姓名判断
  • 手相占い
  • 人相占い
  • 印相占い(印鑑占い)
  • 名刺相占い
  • 夢占い
  • 風水
  • 家相
  • 墓相

占いの関係者の中には占いは「統計」によるものと説明する者もいるが、
占いは独自の理論と個人の経験で構成されており、統計や統計学、科学としての研究から由来しているわけではおらず、まったく異なるものであります。
例えば、占星術は古代においては天文学と密接に関連したものでありましたが、
その天文学が自然科学として発展したため、現在では全く関係がありません。

またこれは風水においても同様であって、風水に地理の別名があるように、
かって地理は、社会科学の地理と地理による吉凶を占う地相術が関連し合い、渾然となったものでありました。
実際、これまで占いには、科学的要素が入っていると言う説が提示されたことはありましたが、 ハッキリと目に見える形で、科学的な根拠があると認められたことはありません。

それでも「占い」を信じ開運を願う者は少なくない為、占いはしばしばビジネスとしても扱われます。 中には悪徳商法に利用する者までいるが、そういった、悪徳商法に手を染めるところまで来ると、これは詐欺の領域になってしまいます。

占いの提供のされ方としては、雑誌や本の他に、占い師が直接目の前で占う対面鑑定、 電話で占う電話鑑定、チャットを利用したチャット鑑定等がありますが、 インターネット業界の進展によって、近年占いコンテンツとして提供されるケースが多くなっています。

占いは、その信憑性が科学的にはっきりとは証明されていないものの、
ときおり、常識では考えられない事もある、不思議な効果を発揮することがあります。
例えば、とある有名な易学者の一人は、野球クジを占って小額の購入の時は、良く当たっていたという伝説が残っています。

占いは、大別すると命・卜・相(めい・ぼく・そう)の種類に分かれて、 占う者は目的に応じて占いを使い分けたり、組み合わせたりします。
また命・卜・相に医、山(肉体的および精神的なな鍛錬)を加えて、五術ともいわれています。

ちなみに、パワーストーンの水晶球や、タロットカードなど、開運グッズ類もネットなどで盛んに販売されており、 占い師などだけでなく、チャレンジすれば、自分自身でも、グッズ類を利用した占いができる時代になりました。 興味を持たれた方は、是非自分自身で開運のチャンスをつかんでみて下さい。もしかしたら、FX比較サイトでの外貨為替に成功したりするかも・・・・

>>グッズに関してはコチラ